投稿日:

何故ネットカジノは稼げるといわれるのか

ネットカジノは他のギャンブル同様にビジネスとして成立しています。
この事が意味するのは、必ず胴元が儲かるようにできていることを意味します。
このことは、ネットカジノを含めたすべてのギャンブル、つまりは、競馬、競艇、競輪、オートレース、宝くじ、toto、パチンコ、パチスロなど全てに当てはまるのです。

馬券プロ、舟券プロ、車券プロ、パチプロ、スロプロと言われる人たちが存在するように、一部の人はギャンブルで生計を成り立たせている人もいます。
カジノに関わるゲームではプロポーカープレイヤーが良く知られています。
このような人たちがいるから「ネットカジノは稼げる」と言われているのかというと、そうではありません。

その秘密を紐解いていくことにします。

ギャンブルはビジネスだから胴元に利益が生まれる

ギャンブルはビジネスだから胴元に利益が生まれる
ギャンブルはビジネスです。
利益を生み出さなければ存続することができません。
胴元に利益が生まれる仕組みとはどのようなものなのでしょう。

一つの例として、日本でも親しまれている競馬に的を当ててみることにしましょう。
競馬は、1着の馬を当てるゲームです。
それ以外にも3着までに入着すれば払い戻しを得られる馬券が発売されています。
的中時の倍率は、投票数によって左右されます。

馬券は100円から購入できますが、実は、この100円の馬券の内の75円が賭け金で、残りの25円は運営者の取り分となっているのです。

このことを還元率という言葉で表します。
100円賭けた場合、75円のみが賭け対象金額ですから還元率は75%と表すことができます。

一方、100円の内、運営者の取り分に当たる25円に相当する部分を控除率といいます。
この場合、控除率は25%となるのです。
このようにすべてのギャンブルには還元率と控除率があります。
還元率は数字が大きくなればなるほど賭けた人が勝ちやすくなり、控除率は大きくなればなるほど胴元の利益が大きくなることを意味するのです。

控除率はギャンブルによって違う

控除率はギャンブルによって異なります。
日本で行われている公営ギャンブルと言われるものの大半が、還元率は70%~80%で運営されています。
つまり、控除率は20%~30%です。

パチンコやパチスロは店舗によって異なりますが、一般的に、還元率は80%~85%と言われています。
控除率で言えば15%~20%となります。

最悪なのは宝くじです。
宝くじの還元率は45%なんです。
つまり、55%が控除率となるわけですから当たらないのが当然ともいえる実情があるのです。
同様にtotoでは50%の還元率で、控除率も50%と高い数字になるのです。

ネットカジノの還元率と控除率

ネットカジノの還元率と控除率
では、ネットカジノの還元率と控除率はどのようになっているのでしょう。
ネットカジノには、大きく分けて、テーブルゲームとスロットマシンがあります。
各ゲームごとに還元率と向上率が異なる実情がありますが、順にみていくことにします。

まずは、テーブルゲームのルーレットです。
ルーレットの還元率は97.3%~98.65%です。
なぜ還元率に開きがあるのかと言えば、ルーレットには大きく3種類のルーレットがあるからです。
そして、控除率は1.35%~2.7%ということになります。

次にブラックジャックです。
ブラックジャックもテーブルごとにルールが微妙に異なるので還元率、控除率ともに差が生じるので幅があります。
還元率は99.4%~102.2となっています。
これを控除率に直せば、-2.2%~0.6%となります。

そして、バカラでは、還元率98.8%~98.9%となり、控除率は1.1%~1.2%になるのです。
こちらも幅があるのは、プレーヤーベットとバンカーベットで配当が違うからです。

概ねテーブルゲームでは98%ほどの還元率があり、控除率は2%といったあたりになります。

そして、スロットマシンはというと、機種によって差があるものの還元率は90%~95%、控除率は5%~10%となると言われています。

ネットカジノは還元率が高く控除率が低い

このように見ていくとネットカジノの還元率は非常に高いことが分かります。
全てのゲームを総合しても90%以上の還元率があり、10%を切る程度の控除率しかないことが分かります。

このことが意味することを理解できますか。
このことが意味をするのは、ネットカジノは他のギャンブルとの比較において勝ちやすいという事実が見えてくるのです。

このことを端的に表現すれば、「稼げる」と表現することができるので、ネットカジノが稼げると言われるのにも納得ができることになります。

FXやデイトレードに似た側面を持つバカラ

FXやデイトレードに似た側面を持つバカラ
外国為替証拠金取引をFXといいます。
いわば投資です。
同様に株のトレードも投資と言われます。
為替レートの変動や株価の変動をチャートで確認をしながら、価格の上昇や下落を予想して取引をしながら利益をあげるのです。

マネーゲームという言われ方もしますが、投資家と呼ばれる人たちは、この取引を通じて利益を上げて生計をたてています。
ネットカジノにもこれに似たゲームがあるのです。
それは、カジノの王様とも呼ばれる「バカラ」というゲームです。

FXやデイトレードで用いられるチャートと同様に、バカラでは罫線というものでこれまでの傾向を確認することができます。
そして、上がるか下がるかの代わりに、プレーヤーが勝つか、バンカーが勝つかに投資をするゲームです。
いわばマネーゲームのネットカジノ版です。

投資家がトレードで収益を上げるのと同じように、バカラで収益を上げる人も存在します。
このことも、ネットカジノは稼げると言われる要因の一つになっているのです。

まとめ

ネットカジノは、他のギャンブルに比べて還元率が高く、控除率が低いため勝ちやすいギャンブルということができるのです。
だから、ネットカジノは稼げると表現されることもあるのです。

それでもネットカジノもビジネスです。
必ず胴元に利益がもたらされる仕組みの中で遊ぶことになります。
控除率が低いからと言って必ず勝てるわけではないのです。
ゲームの特性や、流れの把握、適正なベット額の判断などを身に付けることで確かに勝率は上げられます。
また、攻略法と呼ばれるベット手法も存在します。

学ぶことで勝率をあげられることは確かですが、ギャンブルであることは決して忘れてはいけません。
他のギャンブルをするのであればネットカジノで楽しむ方が良い選択であることは間違えなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です